SSブログ
前の5件 | -

Candy Dulfer Saxuality [CD]


サクシュアリティ(期間生産限定盤)

サクシュアリティ(期間生産限定盤)

  • アーティスト: キャンディ・ダルファー
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2017/11/08
  • メディア: CD


「Saxuality」は、オランダのアルトサックス奏者、キャンディ・ダルファーのデビューアルバム、90年にリリースされた。オランダのアルバムチャートで4位となり、米国のビルボード200で22位に、英国のアルバムチャートで27位となり、世界中で100万枚以上売れたアルバムとなり、グラミー賞のベストコンテンポラリージャズアルバムにノミネートされました。キャンディ・ダルファーはオランダ・アムステルダム生まれのサックス奏者、父ハンス・ダルファー(ダルファー)の影響で6歳よりソプラノサックスを吹き始める。11歳には父のバンドに参加し、初のレコーディングも果たす。その後マドンナやプリンスらのオランダ公演でのバックバンド・ミュージシャンとして注目を集めるようになり、プリンスのアルバムにも参加して評価を得たり、デビッィド・サンボーンと共演をしたりと、その本物ぶりが浸透し、キャンディ・ダルファーは、ファンキー・サックス・クイーンと呼ばれ、このアプローチはこの時代のトレンドで、マイルス・デイヴィスの名曲に驚きのアレンジを施した「ソー・ホワット」を聴くと理解できるだろう。同時代の最新のサウンドやビートをいかにうまく自分の音楽に取り入れ表現している作品である。
「Saxuality」

「So What」

「Heavenly City」

「Get The Funk」

「Home Is Not A House」

nice!(45)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

Luther Vandross Dance with My Father [CD]


Dance with My Father

Dance with My Father

  • 出版社/メーカー: Sbme Special Mkts.
  • 発売日: 2003/06/10
  • メディア: CD


「Dance with My Father」は、ルーサー・ヴァンドロスの13枚目で最後のスタジオ・アルバムで2003年にリリースされた、2003年4月16日、ルーサー・ヴァンドロスはマンハッタンの自宅で、脳卒中にて倒れた、倒れたときは、アルバム「Dance With My Father」にボーカルを録音し終えたばかりだった。残念ながらルーサー・ヴァンドロスはこのまま2005年7月1日に亡くなってしまうのだが、アルバムの制作は、1989年から交流が続いているポップ・スターのリチャード・マークスが手伝い、ナット・アダレイ・ジュニア、シェップ・クロフォード、マーカス・ミラーがプロデュースを担当し、アルバムには歌手のビヨンセ、R&Bトリオのネクスト、ラッパーのフォクシー・ブラウン、クイーン・ラティファ、バスタ・ライムスがゲスト出演している。リリースと同時に、全米ビルボード200チャートで首位に初登場し、彼にとって首位をとったのは唯一のアルバムとなった。下積み時代は、ダイアナ・ロス、ロバータ・フラック、ゲイリー・グリッター、カーリー・サイモン、チャカ・カーン、トッド・ラングレンのユートピア、ドナ・サマー、ベット・ミドラー、シック、バーブラ・ストライサンド、デヴィッド・ボウイらのバック・ボーカルを務め、素晴らしい声を聴かせてくれていたのを思い出す。アルバムのタイトル曲「Dance with My Father」は、ルーサー・ヴァンドロスのの亡き父に捧げられたものです。
「Dance With My Father」

「Think About You」

「The Closer I Get to You」

「Buy Me a Rose」

nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

The Brothers Johnson Look Out For #1 [CD]


Look Out for #1

Look Out for #1

  • アーティスト: Brothers Johnson
  • 出版社/メーカー: A&M
  • 発売日: 1996/04/16
  • メディア: CD


「Look Out For #1」は、ロサンゼルスを拠点とするデュオ、ブラザーズ・ジョンソンが76年にリリースしたデビュー・アルバム。幼少期からバンド活動をし、73年から2年間ビリー・プレストン・バンドに在籍、75年にクインシー・ジョーンズと出会い、クインシー・ジョーンズのバンドに入り、クインシー・ジョーンズのアルバム「メロウ・マッドネス」に参加し名を馳せ、クインシー・ジョーンズの秘蔵っ子と呼ばれる兄ジョージ・ジョンソン(Vo&G)と弟ルイス・ジョンソン(B)。デビュー・アルバムのプロデュースはもちろんクインシー・ジョーンズで、ソフィスティケートされた都会派ソウルを前面に出したアルバムとなった。シングル・カットした「I'll Be Good To You」がR&Bチャートで、いきなり1位に輝いた。参加ミュージシャンもデイブ・グルージンやハービイ・メイソン、ラルフ・マクドナルド、ビリーコブハム、アーニー・ワッツなどで、インストの曲も含め、ソフィスティケートされたメロウ・ファンクの路線の作品となった。これからずっとクインシー・ジョーンズに関係するアルバムに関係し、一番有名な所では、「ウィ・アー・ザ・ワールド 」のベースはルイス・ジョンソンです。
「I'll Be Good To You」

「Get The Funk Out Ma Face」

「Land of Ladies」

「Tomorrow」






nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Tower Of Power Back On The Streets [CD]


Back on the Street

Back on the Street

  • アーティスト: Tower of Power
  • 出版社/メーカー: Sony
  • 発売日: 1993/05/11
  • メディア: CD


「バック・オン・ザ・ストリーツ」は、79年にリリースされたタワー・オブ・パワーのスタジオ・アルバム。コロムビア・レコードでの最後のアルバムで、アルバム・タイトルは、デビューアルバム「East Bay Greaseに収録されている「Back on the Streets Again」に由来しています。ベーシストのヴィト・サン・フィリッポとギタリストのダニー・ホーファーのデビュー作でもあります。この頃はメンバーも良く変わり、低迷期と言われていた頃で、このアルバムもタワー・オブ・パワーらしくないとか過渡期とか色々言われていますが、内容的には素晴らしい仕上がりになっています。1枚のアルバムにプロデューサーが2人いて、曲によって変わっていますし、ビクター・コンテとブルース・コンテの抜けたのはサウンド的に大きく変わり、昔ながらのファンは、ガッカリしたと思いますが、これはこれで新しいタワー・オブ・パワーとして当時聴いていました、個人的にはベースのカッコよさがあったからかもしれません。
「Rock Baby 」

「Our Love」

「Something Calls Me」

「Just Make A Move (And Be Yourself)」

nice!(25)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Quincy Jones Back On The Block [CD]


BACK ON THE BLOCK

BACK ON THE BLOCK

  • アーティスト: JONES, QUINCY
  • 出版社/メーカー: Qwest
  • 発売日: 2005/08/23
  • メディア: CD


「バック・オン・ザ・ブロック」は、クインシー・ジョーンズが、89年リリースしたスタジオ・アルバム。このアルバムには、エラ・フィッツジェラルド、マイルス・デイヴィス、ジョー・ザヴィヌル、アイスT、ビッグ・ダディ・ケイン、サラ・ヴォーン、ディジー・ガレスピー、ジョージ・ベンソン、ルーサー・ヴァンドロス、、ジェームズ・イングラム、エル・デバージ、レイ・チャールズ、ディオンヌ・ワーウィック、バリー・ホワイト、チャカ・カーン、テイク6、ボビー・マクファーリン、アル・ジャロウなど、3世代にわたるミュージシャンや歌手が参加し、第33回グラミー賞では、バック・オン・ザ・ブロックがグラミー賞のアルバム・オブ・ザ・イヤーを含む7つのグラミー賞を受賞した、作品でした。特にシングルとなった「I'll Be Good to You」では、レイ・チャールズとチャカ・カーンをフューチャーし、「I Don't Go for That」では、シーダ・ギャレットをフューチャーし、「The Secret Garden (Sweet Seduction Suite)」では、バリー・ホワイトとアル・B・ブラウンとジェームズ・イングラムをフューチャーし、「Tomorrow (A Better You, Better Me)」では、テヴィン・キャンベルをフュ-チャし、ヒットさせています。本作では、ジャズ・シンガーのエラ・フィッツジェラルドとサラ・ヴォーンの最後のスタジオ録音が収録されているし、編曲では、ジェリー・ヘイ、クインシー・ジョーンズ、イアン・プリンス、ロッド・テンパートンが「Birdland」でグラミー賞最優秀インストゥルメンタル・アレンジメント賞を受賞し、この曲で、エラ・フィッツジェラルドとサラ・ヴォーンが歌っています。豪華で聴きどころの多い、クインシー・ジョーンズらしいアルバムとなりました。
「I'll Be Good to You」

「I Don't Go for That」

「The Secret Garden (Sweet Seduction Suite)」

「Tomorrow (A Better You, Better Me)」

「Birdland」

nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。