SSブログ
前の10件 | -

大滝詠一 Best Always [CD]


Best Always

Best Always

  • アーティスト: 大滝詠一
  • 出版社/メーカー: SMR
  • 発売日: 2014/12/03
  • メディア: CD


レーベルを越えて、世紀を越えて、大瀧詠一の音楽活動をいいとこどりで総括できる2枚組の合計35曲を収録した初のベスト・アルバムが2014年にリリースされた「Best Always」である。2013年12月に急逝した大滝詠一、未発表の本人歌唱による「夢で逢えたら」も収録。
長い間、表舞台に顔を全面に出さずに、作曲家、編曲家、プロデューサー、エンジニア、レコード・レーベルのオーナー、ラジオDJ,などの多彩な肩書と、とにかく凄い音楽家のイメージが先行した大瀧詠一のはっぴいえんどからの歌手としてを改めて聴けるアルバムで特にシングル盤をメインにしたものである。前半の70年代からの作品から選曲してみました。

「ナイアガラ・ムーン」75年のセカンド・アルバムから「Niagara Moon」からで映画「イン・ザ・プール」のテーマソング用ミックスから収録。

「夜明け前の浜辺」山下達郎、伊藤銀次、大瀧詠一の3人による76年のリリースのオムニバス・アルバム「Niagara Triangle Vol.1」の収録曲。

「幸せにさよなら」アルバム「Niagara Triangle Vol.1」から伊藤銀次の作曲、作詞、編曲で3人が交互に歌い分けるヴァージョンでシングル・カットになった。

「the very thought of you」ナイアガラ・レーベル唯一の女性歌手、シリア・ポールのソロ・アルバム77年リリースの「夢で逢えたら」の収録曲、ビング・クロスビーなど多くの歌手歌われたスタンダード曲。

「真夏の昼の夢」1年12か月を月ごとにテーマにした曲で構成されたアルバム77年リリースの「ナイアガラ・カレンダー」、その8月の歌。

「ブルー・ヴァレンタイン・デイ」アルバム「ナイアガラ・カレンダー」その2月の歌。

「夢で逢えたら」大瀧詠一の名曲、数多くのカヴァーを生んだ曲。その作者本人の歌唱の未発表ヴァージョン。

nice!(20)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

橋本一子 VIVANT [CD]


VIVANT

VIVANT

  • アーティスト: 橋本一子
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2018/06/13
  • メディア: CD


YMO「Technoipolis」ツアーで矢野顕子の出産で代わりに参加、藤本敦夫とのユニット、Colored Musicでの活動等で知られるジャズ・ピアニスト/コンポーザー/ヴォーカリストの橋本一子による1986年発表の3枚目のソロ・アルバム「VIVANT」。ソロアルバムをリリースする一方、谷山浩子のアルバム・プロデュースや渡辺香津美MOBOバンドへの参加をはじめ、多数のアーティストと競演、映画、CMの音楽担当のほか声優、映画出演や小説執筆など活動範囲は多岐にわたる。 ジャズやクラシックを現代音楽のポップスにするそのアプローチはそのルックスからは想像できないサウンドで衝撃的だった。ピアノもヴォーカルも独自のスタイルを持ち、その個性は強烈な物だった。

「遊園地の恋」アルバムの1曲目、美しいピアノのワルツ。

「D.P」彼女の代表曲の一つ。打ち込みとピアノとヴォーカルの尖ったサウンドは今聴いても新しい。

「エキセントリックな美女」彼女のヴォーカルを堪能出来る曲。

nice!(21)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

渡辺香津美 Monday Blues [CD]


マンデイ・ブルース(紙ジャケット仕様)

マンデイ・ブルース(紙ジャケット仕様)

  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2007/05/23
  • メディア: CD


渡辺香津美の当時21歳だった時にリリースしたセカンド・アルバム「Monday Blues」。渡辺香津美(g)土岐英史(as,ss)板橋文夫(p)岡田勉(b)日野元彦(ds)による編成。17歳でリーダー・アルバムを出す早熟ぶりを見せ、76年にはスイング・ジャーナル誌における日本のジャズメンの人気投票において前年の1位の増尾好秋を抜いて1位に選ばれた、75年にリリースされた「Monday Blues」は渡辺香津美の初期の代表曲の一つで、ジャズ・ギタリストとしての人気も感じさせる。そのプレイは21歳とは思えない堂々としたもので、テクニックも抜群、フレージングのセンスも抜群、魅力的なアドリブを展開し、ジャズらしい中低音を生かしたプレイは圧巻である。彼はロック・ギターの手法も演奏するのだがこのアルバムでは比較的オーソドックスなジャズを演奏している。

「Monday Blues」渡辺香津美のオリジナルでブルースからのアドリブを展開しソウルフルでスケールの大きいギター・プレイを見せてくれる、板橋文夫のピアノ・ソロも聴くことが出来る。

「A Child Is Born」サド・ジョーンズが作曲した美しいバラード、岡田勉とのデュエット。

nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

土岐英史カルテット TOKI [CD]


トキ

トキ

  • アーティスト: 土岐英史カルテット
  • 出版社/メーカー: CRAFTMAN RECORDS
  • 発売日: 2019/08/07
  • メディア: CD


土岐英史、兵庫県神戸市出身のジャズサックス奏者。歌手の土岐麻子は長女。アルトサックスとソプラノサックスを演奏。ジャズ、フュージョン、R&B、ジャパニーズポップスなど、幅広いジャンルで活躍。 山下達郎のバッキング・メンバーの一人としても有名で、1977年から2011年まで山下のツアーに参加していた。現在、山下のツアーに参加している宮里陽太は土岐の弟子。
75年初リーダー・アルバム『TOKI』を発表、土岐英史カルテットのメンバーは、渡辺香津美(g)井野信義(b)スティーブ・ジャククスン(dr)この日のレコーディングは4人全員が充実していいて、1曲目がテイク2,後の曲は全てテイク1でOKしたという、セッティングから終了までは4時間足らずで今なお破られていないスリー・ブラインド・マイス録音史上の最短記録。後のチキンシャックや山下達郎の活動の原点である。

「サニーがブルーになったとき」

「Lullaby for the girl」

おまけで、土岐英史 土岐麻子 の親子の共演。

nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Sooo Baad Revue [CD]


SOOO BAAD REVUE

SOOO BAAD REVUE

  • アーティスト: ソー・バッド・レヴュー
  • 出版社/メーカー: グリーンウッド・レコーズ
  • 発売日: 2012/06/27
  • メディア: CD


関西ブルースシーンから登場した、SOOO BAAD REVUE、75年に結成され、76年にアルバム『SOOO BAAD REVUE』でレコードデビューしているのだが、彼らのスタジオ録音はこれだけで、76年の暮れに解散、その後77年に発売のライヴ盤『LIVE!』を含めても世に出たアルバムはわずか2枚だけである。オリジナルメンバーは山岸潤史(Gu)、石田長生(Gu)、北 京一(Vo)、砂川正和(Vo)、永本 忠(Ba)、土居正和(Dr)、国府照幸(Key)、チャールズ清水(Key)の8名で、山岸は日本で最初の本格的ブルース・バンドのウエスト・ロード・ブルース・バンドのメンバーで浪花のジミヘンと言われ、石田と土居は1971~1972年に上田正樹とバンドを組んでいるなど、関西の音楽シーンではある種のスパー・グループ的な集まりでした。レコーディングはロサンゼルスのエレクトラ・スタジオでメンバー8人と現地調達のホーン・セクションが参加している。関西のソウル・ブルース色が強いのかと思っていたら、当時の最先端の70年代のファンクのエッセンスを取り入れたソフィスティケートされた関西ファンクで他のどのバンドにも見られない個性的な存在だった。

「ソウル地下鉄 」ソウル・トレインを関西らしくもじった曲名の軽快なインスト。

「最後の本音」関西のソウルのスタンダード、この時まだ19歳だったという砂川の歌声。

「真夜中の歌姫」石田のボーカル、メロウで、どこかロマンチックな雰囲気を出している。

「What's Going On」ライブ・アルバムから石田の素朴なボーカルが味をだしている。

nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

金子マリ&bux bunny ライブ We Got To... [CD]


ライブ We Got To... (HQCD仕様)

ライブ We Got To... (HQCD仕様)

  • アーティスト: 金子マリ&バックスバニー
  • 出版社/メーカー: SHINKO MUSIC RECORDS
  • 発売日: 2019/03/06
  • メディア: CD


1976年5月にレコード・デビュー、活動期間わずか3年にもかかわらず、ジャパニーズ・ロック・シーンに強烈な印象を残した金子マリ&BUX BUNNY、デビュー期のメンバーは、金子マリ、永井充男、難波弘之、鳴瀬喜博、橋本英晴の5人、その後、ドラムがジョニー吉長、キーボードがラッキー川崎に代わる、今回のアルバムは、77年にリリースのライヴ・アルバムで76年12月18日SABホール、12月22日日本青年館からベスト・パフォーマンスを選んだもので、下北沢のジャニス・ジョプリンと言われた金子マリ(今ではRIZEのドラム金子ノブアキとベースのKenKenの母としても知られている)のソウルフルなボーカルを中心に、ファンキーなリズム・セクション、メロディアスなギター&プログレッシヴなキーボードを融合させたサウンドと高い演奏力は、当時のジャパニーズ・ロック・シーンの中でも圧倒的な存在だった。

「What's Going On」マービン・ゲイの名曲のカヴァー。デビッドTウォーカーのメロウなサウンドを彷彿させるギターから始まり、金子マリの圧倒的なヴォーカルが凄い。

「最後の本音」ソー・バッド・レビューのカヴァー。

おまけで「 或る時 」 1976年の映像


nice!(22)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

難波弘之 SENSE OF WONDER [CD]


Sense of Wonder(紙ジャケット仕様)

Sense of Wonder(紙ジャケット仕様)

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2010/07/21
  • メディア: CD


難波弘之は学習院大学在学中より、プロミュージシャンとして活動を始め、1975年に、鳴瀬喜博の誘いで「金子マリ&バックスバニー」に加入、キーボーディストとして活躍。その後、プログレッシブ・ロックバンド「SENSE OF WONDER」を結成、山下達郎のコンサートツアーなどにも参加するようになる。
79年にファースト・ソロ・アルバム『センス・オブ・ワンダー』をリリースした。このアルバムのジャケットを手塚治虫、ライナーノーツを中島梓が綴っている。大のSFマニアでプログレ・マニアの難波弘之、このアルバムはSF小説の名作をイメージして作った曲で構成されている、プログレなのだがポップな作風で難波弘之の初々しいくて甘いボーカルとプログレらしい縦横無尽なキーボードのプレイが堪能できる、バラエティ豊かな内容は自身の愛するSF作品とその作家に捧げたものである。

「夏への扉」SF作家のロバート・A. ハインラインの名作を題材に吉田美奈子が作詞、山下達郎が書き下ろした名曲、山下達郎がアルバム「Ride On Time」でセルフ・カヴァーしている。

「アルジャーノンに花束を」アルバムの一曲目、アメリカの作家ダニエル・キイスによるSF小説を題材にしている。

「いちごの窓」アメリカ合衆国の小説家、詩人のレイ・ブラッドベリを題材に、同じく山下達郎が作曲。


nice!(23)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

Shambara [CD]


SHAMBARA-シャンバラ-

SHAMBARA-シャンバラ-

  • アーティスト: SHAMBARA
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 1989/07/20
  • メディア: CD


秋元薫と国分友里恵がツインボーカル、シャンバラ(SHAMBARA)は、1989年当時カシオペアのメンバーだった櫻井哲夫と神保彰によって結成されたボーカルバンド。アルバム発売と同日と翌日に「MZA有明」で発売記念ライブをする。また、サウンドだけでなく、ヴィジュアル面にも力を入れ、そのヴィジュアルプロデューサーにはファッションデザイナーの山本寛斎を招き、彼の服をステージ衣装にしたり、ライブのステージセットなどもデザインして貰った。しかし、カシオペアのメンバーで、リーダーである野呂一生と向谷実が異議を唱える。Shambaraの今後の継続的な活動は、カシオペアの活動に支障を与えるとして2人に活動停止を要請。これに対し、櫻井と神保はカシオペアの活動と両立出来ると主張。野呂・向谷と櫻井・神保の両陣営は最後まで平行線を辿って物別れになり、櫻井と神保はこの年をもってカシオペアを脱退してしまう。Shambaraは1枚のアルバムを発表するに終わることになりますが 、2人は翌1990年、企画色が強いシャンバラのプロジェクトの活動母体となる、JIMSAKUを結成する。
Shambaraのメンバーは櫻井哲夫(ベース)神保彰(ドラムス&パーカッション)古川望(ギター)梁邦彦(キーボード)国分友里恵(ボーカル)秋元薫(ボーカル)。

「恋の瞬間~Can't stop my love」映像を今見ると、山本寛斎の衣装は典型的なバブル絶頂期を象徴している。

「SOLID DANCE」

「Aquariumの都会」

nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

秋元薫 Cologne [CD]


Cologne (+2)

Cologne (+2)

  • 出版社/メーカー: Tower to the People/invitation
  • 発売日: 2021/04/03
  • メディア: CD


松任谷由実のツアー参加歴もある秋元薫が1986年に発表した唯一のアルバムで、発売当初はプレス数も少なく一部の音楽通のみ知る1枚でした。来生たかお、吉田美奈子、鳥山雄司らが作曲を担当し、秋元自身が全曲の詞を書いている。プロデューサーに武部聡志、参加ミュージシャンは武部聡志 (key)鳥山雄司 (g, key)青山純 (ds)島村英二 (ds)美久月千晴 (b)松本晃彦 (key)吉川忠英 (g)土岐英史 (sax)木村誠 (perc)Cindy (cho)久保田利伸 (cho)崎谷健次郎 (cho)など、秋元薫と同期デビューの久保田利伸の参加やサウンドの要の一つと言える秋元の無機質なヴォーカルと、アーバンなシンセ音の一貫した統一感に多大な貢献をしている二人のシンセ・オペレーター、ユーミンのサポート・メンバーの山中雅文(synth prog)とVIZION(ヴィジョン)の大竹徹夫(synth prog)の参加が、ジャネット・ジャクソンのアルバム『コントロール』のプロデューサーのジャム&ルイスのサウンドに影響うけた、当時で言うところの近未来的でオシャレなサウンドとなり、クールで心地良く、都会的なアダルトな香りが漂うサウンドとなっている。

「Dress Down」作曲:松本晃彦 編曲:武部聡志

「今日はひとりきり」作曲:崎谷健次郎 編曲:武部聡志

「我がままなハイヒール」作曲・編曲:鳥山雄司

「 夜が終る時」作曲:吉田美奈子 編曲:武部聡志

nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

国分友里恵 Relief 72 Hours [CD]


Relief 72 Hours

Relief 72 Hours

  • アーティスト: 国分友里恵
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックダイレクト
  • 発売日: 2013/07/24
  • メディア: CD


国分友里恵のデビュー・アルバム「Relief 72 hours」83 年にリリースされた。山下達郎&竹内まりやの全国ツアー・メンバーとしても知られる国分友里恵、アルバムに曲を提供しているのは、野力 奏一、林 哲司、佐橋 佳幸、佐藤 健、山下 正、アレンジは野力 奏一、林 哲司、林 哲司 & 山下 正が手掛けている。林哲司がアルバムもプロデュースを手掛けて、全体的にブラック・コンテンポラリーの色が強いが、彼らしいジャパニーズ・シティ・ポップの仕上がりになっている、そして国分友里恵の初々しいながらも確かな歌唱力が聴けるアルバムとなっている。参加ミュージシャンも青山 純(ds)、林 立夫(ds)、村上 秀一(ds)、伊藤 広規(b)、富倉 安生(b)、高水 健司(b)、今 剛(g)、長田 進(g)、田附 透(g)、野力 奏一(key)、富樫 春生(key)、井上 鑑(key)、西本 明(key)、斉藤 ノブ(per)等が参加しています。また彼女の活躍は82年にジョージ・デュークの日本ツアーにコーラスで同行、角松敏生「さよならは愛の言葉」をはじめ、角松敏生作品での角松敏生とのデュエットでも注目され、中山美穂の1994年のミリオン・ヒット「ただ泣きたくなるの」(作曲・編曲は夫の岩本正樹)では作詞家としても注目されました。
林 哲司の3曲を選んでみました。

「Just a Joke」林 哲司らしいライト・ファンクな洒落たCity Popナンバーに仕上がっています。個人的に大橋純子を彷彿させる感じがします。

「恋の横顔」林 哲司らしいPopでキャッチーな曲で出だしのアレンジがEPOの「Down Town」(このアルバムも林 哲司のアレンジ)を感じさせる物になっている。

「Love Song」林 哲司らしい美しいメロディーのバラード曲。

nice!(23)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -