SSブログ

The Three Degrees [CD]


スリー・ディグリーズ(期間生産限定盤)

スリー・ディグリーズ(期間生産限定盤)

  • アーティスト: スリー・ディグリーズ
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2018/03/21
  • メディア: CD


ザ・スリー・ディグリーズ、60年代にフィラデルフィアで結成、オリジナルのメンバーはファイエット・ピンクニー、シャーリー・ポーター、リンダ・ターナー、グループのメンバーはしばしば入れ替わり、最盛期を迎えた時のメンバーはフェイエット・ピンクニー、シーラ・ファーガソン、ヴァレリー・ホリデイで、74年のシングル「天使のささやき」を吹き込んだのも彼女たちであった、フィラデルフィア・インターナショナル・レコーズ(RIP)で最初に成功をした女性グループで、このアルバムはスリー・ディグリーズのフィラデルフィア・インターナショナル・レコーズ移籍第1段のアルバムです。プロデュースはギャンブル&ハフ、彼らが書いた「Dirty Ol' Man」「Year Of Decision」「When Will I See You Again(天使のささやき)」フィリー・ソウルの典型でポップスの王道、特には「When Will I See You Again(天使のささやき)」は全世界で爆発的にヒット。名曲ぞろいのアルバムで、MFSBの華麗なサウンドに乗って、彼女達3人のセクシーでチャーミングなヴォーカルとハーモニーを聴かせてくれます。日本でも人気があり親日家で「天使のささやき」の日本語ヴァージョンや「にがい涙(Nigai Namida)」作曲が筒美京平、作詞が安井かずみ、編曲が深町純、演奏も全員日本人(ドラムは村上秀一です)の歌謡曲よりの歌も出して日本だけで発売ヒットしました。


「When Will I See You Again(天使のささやき)」

「Dirty Ol' Man」

「Year Of Decision」

「 I Didn't Know」

おまけで日本だけで発売した「Midnight Train」作曲は細野晴臣、作詞は松本隆、、編曲は矢野誠、演奏しているのはティン・パン・アレーです、日本人もフィリー・ソウル風でカッコイイ演奏できると思った曲でした。

nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 20

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。