SSブログ

清水靖晃 IQ179 [CD]


IQ179

IQ179

  • 出版社/メーカー: アブソードミュージックジャパン
  • 発売日: 2003/11/27
  • メディア: CD


清水 靖晃はジャズ・サクソフォーンの演奏に秀でた気鋭の音楽家として表舞台に登場する。78年に実験的ロック・バンド「マライア」を結成。81年にリリースした清水靖晃のサード・アルバム「IQ179」は、ポストパンク/ニューウェイブとジャパニーズ・テクノとジャズが融合したようなアヴァンギャルド作品で、当時の東京でしか生まれ得なかった当時の先端実験サウンドとなった。参加したマライアのメンバー、清水靖晃(Sax)笹路正徳(Key)土方隆行(Gtr)山木秀夫(Drs)渡辺モリオ(Bass)村川ジミー聡(Vo)に加え、ゲスト・ミュージシャンとして渡辺香津美(Gtr)坂本龍一(Syn,Drs)吉田美奈子(Cho)の豪華ゲストが参加。多彩な音楽表現の可能性を探るべくユニークな活動を通して、清水は絶えず創作領域の限界を突破することに喜びを見出していた。後に坂本龍一と共に出演したナム・ジュン・パイクによる東京・ニューヨーク・ソウルを結んだ衛星通信プロジェクト『バイ・バイ・キップリング』(1986年)などの活動に、そうした清水の創作上の探求心がうかがえる。

「LIZARD」

「CLOUD 9」

「PUZZLE 34」

「LITTLE “L”」

「SHASHIN」

nice!(32)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 32

コメント 2

marimo

「LIZARD」と「PUZZLE 34」は、とても複雑なリズムで
リラックスタイムに聴くのはあれれ~な感じ。
「CLOUD 9」は和みます(笑)
by marimo (2023-06-10 10:19) 

ameneko

marimoさん
アルバム「IQ179」はロックやジャズやテクノなどを融合した実験的な要素もあった作品なので大部分はリラックスタイムに聴く作品ではないかも。清水靖晃のユニークなポップ・センスを楽しんでください。
by ameneko (2023-06-10 21:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Bob Dorough  Just Ab..飯島真理 Blanche ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。